お金の知識を付けとこう!給与から株式投資まで

2bf8b1ede8bc952fb18db81b8055e93b_s

お金の知識なんて!何のこと?
そうおっしゃる方がいらっしゃるかもしれません。
しかしいつも生活にまつわりつくお金についてもちゃんと
知っておかなければならない基本的な知識というものがあります。
そこでどんな知識が必要か探ってみることにしましょう。

給与所得について

所得税を決める手順として、まずサラリーマンや公務員などの給与所得にまつわる知識を探ってみましょう。
給与で生活している人にとって気になるのは所得税がどうやって決められるのかということでしょう。
その手順はまず給与から「所得額」を求めます。この所得額をもとにして「課税対象所得」を求めます。
この課税対象所得をもとにして「税額」を求めます。この税額から「税額控除」を差し引いて「納税額」が決定
されるという仕組みになっています。
この「課税控除額」は正確に申告しなければ損をすることになります。

株式投資について

2bf8b1ede8bc952fb18db81b8055e93b_s

このような「給与所得」に次いで「株式投資」をする場合に必要な知識を探っておきましょう。
株式投資をするときには少なくとも次のような知識を知っておかなければなりません。

配当利回り・・・これは投資金額に対する配当金の割合をいいます。
株価収益率・・・これは株価を1株あたりの利益で割って求められます。
株価純資産倍率・・・これは株価を1株あたりの純資産で割った指標をいいます。
株主資本利益率・・・これは税金を支払った後の利益を株主資本で割った指標をいいます。

そうはいっても、よくわからないかもしれません。
よくわからないことは遠慮なく、お世話になっている証券会社の担当者に教えてもらうことにしましょう。

債券投資について

ここに債券というのは国や地方公共団体、公団、長期信用銀行などが金を借り入れるときに発行する借用証書にあたる有価証券をいいます。
つまり借金をするときの借用書にあたります。国債、地方公債、社債などがこれにあたります。
これらの債券を買い取ったり、売り払ったりするときには、その債券が「新品」なのか、それとも
「中古品」なのかを見定め、その選別を誤らないようにしなければなりません。
その債券が新品というのは、まだ発行されたばかりの債券で、これを「新発債」といいます。
これに対し中古品というのは発行後すでに流通におかれている債券をいいます。すでに流通におかれて
いますから、これを「既発債」といいます。

債券投資にはリスクがある

このような株式投資や債券投資など投資のエリアにおいては、よく「リスク」ということがいわれます。
この「リスク」というカテゴリーは通常、危険とか危険の度合いの意味で用いられています。
これに対して投資のエリアにおいては、「収益の不確実性」の意味で使用されています。
株式の場合には、その株式を発行している会社の企業体質や経営状況、
扱っている製品や商品の需要状況などを手掛かりにして収益の確実性や不確実性が予想されます。
素人には判断しにくいので、証券会社や経営の専門家に相談してみましょう。

借入についての知識

494861ccbee1d6a3cb047e70d8c6bd59_s

ここで視点を変えてお金の借り入れにおいて知っておかなければならない知識を探ってみましょう。
まず、お金を借り入れるときに知っておかなければならない基本的な予備知識を確認しましょう。
・「金利」はいくらになっているか、をしっかり確認しておきましょう。
・「借用期間」はどうなっているかも確認しておきましょう。
・最終的な「返済総額」はどう算定されるかをきちんと計算しておきましょう。
これは金利と期間との関係によって算定されます。

お金を増やす現実的な方法

転職で増やす
現在の勤務先よりも給与条件のよい職場に転職すれば、アップされた給与と以前の給与との差額だけ
お金は増えてゆくことになります。

副業で増やす
本業とは別に「副業」によってお金を増やすことができます。
副業としては次のようなものがあります。

ネット副業
これはネットを通じておこなう副業です。
その形態は多数にのぼりますが、その一部だけ紹介しておきましょう。
このような多数のネット副業のうちからどれを選択すべきでしょうか。それは求める金額、作業の難易度などを
判断基準として選択肢のうちから選ぶことになります。

リアル副業
これは本業とは別の時間帯や日時を活用してお金を増やすための副業です。
これも多数ありますが、典型的なものをピックアップしてみましょう。
夜間の警備員、運送会社の配送助手、倉庫内の仕分け作業、引っ越しの助手、家庭教師、学習塾の講師、リサイクルの助手、居酒屋・レストランのウエートレス

貯蓄力の培養

b9fe2eece40715b64419546b0c7ef1ba_s

地味なはなしになりますが、お金を増やすためには貯蓄力を培養することも大切です。
貯金をできるだけ使わない工夫をしましょう。そのために預金の口座について「自動引き落とし」の仕組みを
活用しましょう。この仕組みによれば、口座に振り込まれた収入のうち一定額が自動的に定期預金や投資信託
に引き落とされます。これによって自分の利用しているバンクで自動的にお金が増えてゆきます。

まとめ

このように給与生活でゆとりができたら、株式や債券にこれを投資することも一策でしょう。
逆に事業の運転資金などを借り入れるときには、慎重に検討しなければなりません。
そういうときに役立つのが「お金に関する知識」なのです。
こうして身に着けた知識を活用してお金の借り貸し、お金を増やすなどお金の運用を巧みに処理なさってください。